ANNOUNCEMENT
お知らせ

12/22(水)開催Webセミナー 「呼吸器疾患モデリングにおける イメージング技術の可能性」

第3回ラベルフリーイメージング評価解析Webセミナー「呼吸器疾患モデリングにおけるイメージング技術の可能性」を2021年12月22日(水) 14:00~15:00に山本 佑樹 先生(HiLung株式会社)をお招きして開催いたします。

「呼吸器疾患モデリングにおけるイメージング技術の可能性」

スピーカー:山本 佑樹 先生 (HiLung株式会社 代表取締役)

講演内容
 近年、ヒトにおける病態再現性の高い研究ツールとして、幹細胞を用いたオルガノイド技術が期待されている。呼吸器疾患領域では、マウスなどの動物モデルのヒト外挿性における問題点が指摘されており、これら技術の創薬研究等への応用がトピックとなっている。また、オルガノイドの強みは生体類似のフェノタイプを再現できることにあり、イメージング技術との親和性が極めて高いといえる。今回は、ヒトiPS細胞由来呼吸器オルガノイドを用いたイメージング解析によって遺伝性希少疾患である嚢胞性線維症の病態再現を行った事例を中心に、本領域の展開や事業について御紹介する。

開催日時   : 2021年12月22日(水) 14:00~15:00
定員     : 500名 ※定員になり次第締め切り
参加費    : 無料
申し込み方法 : お申し込みはこちら  申込期限:2021年12月21日(火)17:00まで
          *ご自身の所属機関の個人メールアドレスをご使用ください。
          *競合・同業者様のご参加はご遠慮いただいております。

スピーカーのご紹介
山本 佑樹 先生 (HiLung株式会社 代表取締役)

呼吸器内科医師、医学博士。呼吸器内科の臨床診療を続けるうちに、多くの人が苦しむ難治性呼吸器疾患の医療を革新したいと考え、京都大学にてiPS細胞を用いた肺再生研究に従事。その研究成果を呼吸器疾患医療に応用するべく、2020年7月にHiLung株式会社を設立。2021年9月より代表取締役
HiLung株式会社